3番ホーム | cmb4ac | sa.yona.la help | tags | register | sign in

3番ホーム

reply

快速電車が目の前を通過する。

電車で遮られていた視界が広がる。


その瞬間、僕は倒れそうなほどの不安を覚える。


それは、突如与えられる自由によく似ているような気がする。

posted by cmb4ac | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.